【マニュアル】バッテリー交換手順 | リード110(JF19) 5/5 (3)

フロントパネル外れた

先日、行ったリード110(JF19)の出張バッテリー交換作業のレクチャーだ。

最近の4ストバイクの特徴。

インジェクションを使っているというコト。

インジェクション(燃料噴射装置)はバッテリー駆動なので、バッテリーが死んでしまったらエンジン作動しないというのが、ネックだろう。

それだけに、日頃のバッテリーに対する点検や変化は、気をつけたいトコロだ。

先日の出張バッテリー交換作業を行ったイイ事例があるので、今回、交換作業を掘り下げてみよう。

リード110(JF19)のバッテリー交換手順

手順は、フロントパネルを開け、バッテリーを露出、アングルを外し、プラス・マイナスを外し、交換。という流れだ。

必要な工具は、プラスドライバー#2・プラスドライバー#3・10mmボックスラチェット

フロントカバー
【1】フロントカバー正面のHONDAステッカーの真下の#3プラスネジを外す。さらに、下方スリット内に留まっている#3プラスネジ、2本を外す。

カバー下方
【2】とてもわかりにくいのだが、フェンダーのすぐ上、フロントカバーを下部から覗き込むと、隠しビスが2本あるので注意したい。

インナーカバー
【3】次にインナー側の肩の部分のプラスビスを両側2本外す。

カウリング外し
【4】あとは、ツメに気を付けながら下方方向へ力を入れながら、前方に引っ張ろう。

カウリングのツメ
【5】ツメの形状はこのよーになっている。

フロントパネル外れた
【6】これで、バッテリーが露出しました。

バッテリー取り付けアングル
【7】あとはバッテリー抑えの両側の10mmネジを外し、プラスマイナスを取れば、バッテリーが外せます。

まとめ

バッテリー位置は、フロントパネル内

バッテリーは、○TX-7LBS

必要な工具は、プラスドライバー#2・プラスドライバー#3・10mmボックスラチェット

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/users/0/momotaku/web/gat-cha/blog/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

【マニュアル】バッテリー交換手順 | リード110(JF19)

先日、行ったリード110(JF19)の出張バッテリー交換作業のレクチャーだ。

最近の4ストバイクの特徴。

インジェクションを使っているというコト。

インジェクション(燃料噴射装置)はバッテリー駆動なので、バッテリーが死んでしまったらエンジン作動しないというのが、ネックだろう。

それだけに、日頃のバッテリーに対する点検や変化は、気をつけたいトコロだ。

先日の出張バッテリー交換作業を行ったイイ事例があるので、今回、交換作業を掘り下げてみよう。

リード110(JF19)のバッテリー交換手順

手順は、フロントパネルを開け、バッテリーを露出、アングルを外し、プラス・マイナスを外し、交換。という流れだ。

必要な工具は、プラスドライバー#2・プラスドライバー#3・10mmボックスラチェット

フロントカバー
【1】フロントカバー正面のHONDAステッカーの真下の#3プラスネジを外す。さらに、下方スリット内に留まっている#3プラスネジ、2本を外す。

カバー下方
【2】とてもわかりにくいのだが、フェンダーのすぐ上、フロントカバーを下部から覗き込むと、隠しビスが2本あるので注意したい。

インナーカバー
【3】次にインナー側の肩の部分のプラスビスを両側2本外す。

カウリング外し
【4】あとは、ツメに気を付けながら下方方向へ力を入れながら、前方に引っ張ろう。

カウリングのツメ
【5】ツメの形状はこのよーになっている。

フロントパネル外れた
【6】これで、バッテリーが露出しました。

バッテリー取り付けアングル
【7】あとはバッテリー抑えの両側の10mmネジを外し、プラスマイナスを取れば、バッテリーが外せます。

まとめ

バッテリー位置は、フロントパネル内

バッテリーは、○TX-7LBS

必要な工具は、プラスドライバー#2・プラスドライバー#3・10mmボックスラチェット

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る