葛飾区@ZXのアクセルワイヤー交換 5/5 (1)

アクセルケーブル交換

エンジン回転数が下がらないというトラブルでお電話がありました。

これ、よーく考えると、めちゃくちゃ危ないですよね。

ブレーキ握っても、ブーーーーーーン!って加速を続けようとするわけですから。

そんな現象を感じたら、即、使用を中止して下さい。

冬場のアクセルワイヤー固着

そして、そんな事例、これから冬の季節、ひじょーに多いんです。

原因は、いろいろと考えられます。

キャブとエンジン部の結合部、インテークの破損や、インテークパッキンの破損などによる二次エアーを吸ってしまうケース。

アクセル開閉とは関係なく、エアーを吸ってしまうコトで、エンジンは回転を上げよう上げようとしてしまう。

今回のZXも、そこを疑わざるを得なかったので、一応、キャブ周りのパーツを持って行くコトに。

現場は、葛飾区

首都高移動ですが、雨もちらほら。

首都高

現着すると、会社に置きっぱにしてあるので!ってコトだったので、事務員さんに繋いで頂き、無人修理です。

無人修理

都内でも、クルマが停めやすい場所だと助かります。

現場

このZX、やはり回転が下がらないトラブルなのですが、どーやら、二次エアーとかキャブ周りの不具合では無さそうです。

単純にアクセルワイヤーの固着。

そして、アクセルグリップ部分のサビによる、ギミック異常。

グリップ部分のサビ

もちろん、アクセルワイヤーは中古をしっかり管理して在庫しておりますので、部品発注などのタイムラグはありません。

ワイヤー交換

やはり、このアクセルワイヤー固着の事例も冬に入ると多いのです。

ワイヤー動作が寒くなると鈍くなるのは、容易に想像つきますよね?

ムリに動かすとバツン!って切れてしまうので、そーなる前にガッチャにお電話下さいね。

gear-line50.png

今回の修理データ

エリア:東京都・葛飾区
バイク:ホンダ・ライブディオZX(AF35)
トラブル:アクセルワイヤー固着
作業時間:約40分
作業難易度:★★☆☆☆

gear-line50.png

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る

定額リーズナブル!放置パック修理

何年、何ヶ月も原付バイクに乗らずに放置してしまって、エンジンがかからない・・・

とゆー原付ユーザーの方、必見!

ガッチャ・テクニカルサービスの定額でリーズナブルな、まったく新しい修理の形、放置パックが、大好評を頂いております。

・ マンションの駐輪場で放置してしまった原付
・ 自宅の納屋で放置してしまった原付
・ 職場で何年も眠っている原付
・ 寒い時期は乗らなかった原付

放置してしまった原付

こんな状態の原付バイクでも、放置前の状態に復活させるコトができます。

例えば・・・予算が3万円しかない。5万円しかない。

そんなお客様に、放置復活修理において、買い替えた方が得なのか?直した方が得なのか?を見極めるタメに、ガッチャからバイクについてヒヤリングを行い、上限金額を決めてから、修理スタートします。

定額だから安心!放置パック!

つまり、修理に出せる金額は3万円、新たに中古車を買うなら5万円 というコトであれば、3~5万円の修理代金で、新たな中古車を買うよりも、イイコンディションに復活できるかがカギです。

常に、お客様、原付ユーザーの立場でガッチャは考えます。
そうしたお電話でのディスカッションから、もう仕事は始まっていると考えております。

【こんな原付に対応】
トゥデイ・ディオ・スーパーカブ・ビーノ・VOX・ジョグ・レッツ4・アドレスV50

スチーム洗浄作業

ガッチャの定額でリーズナブルな新しい修理の形、放置パック、ぜひとも、ご利用下さい。

さぁ!今すぐお電話!

Pocket
LINEで送る


定額!放置パック修理について詳しく