続き…レッツ4のダイナモ交換で修理完了! 5/5 (1)

レッツ4ダイナモ

前回の記事でもご紹介した、柏市のお客さまのレッツ4の進行状況です。

原因は、発電機。

バイクやクルマ用語で、ダイナモ という言います。

レッツ4のダイナモ交換

クランクシャフトにブレが生じ、回転軸が狂い、ダイナモとマグネットコイルが干渉し、破損したもよう。

ダイナモ

見てもわからないぐらいのモノでしたが、気づくべきでしたね。

今回、一度納車したお客さまに対して、再度、追加出張料を頂くコトとなってしまいました。

エンジン修理をした翌週に、他の部位での故障だったので、致し方無いと踏むか・・・

クレーム処理として対処するか・・・

と悩みましたが、当社にもチェックを怠ったわけですから、否があります。

そこで、通常の依頼で修理金額をもらうであろう価格の50%を頂くコトとしました。

お客さまも快く受けてくれたので、今回はより良い職務が遂行出来ました。

これ、ぶーぶー文句言うユーザーも、しょーじき多いと思います。

でも、お互いさまと判断してくれるか否かで、その後の、我々の対応も変わるコトは、現実的にあるコトです。

なぜなら、我々も人間だから。

より良いサービスを提供致します。

だから、そのサービスを受けて頂けるようユーザーさまの努力も必要かと、昨今は思います。

修理後

さて、修理した車両ですが、しっかりヘッドライトも点灯し、本日、常磐道で納車して来ました。

納車

「かえって申し訳なかったです。」とお客さまが言ってくれたのは、我々スタッフにとっては、最上級のお言葉でした。

こんなお客さまのタメに、明日はもっともっと技術を磨きたいと思っております。

ガッチャ は、たかが原チャリ直すのに、本気 ですよ。

 

 

gear-line50.png

今回の修理データ

エリア:千葉県・柏市
バイク:スズキ・レッツ4(CA41A)
トラブル:ヘッドライト不点灯・ダイナモ異常
作業時間:約150分
作業難易度:★★★★☆

gear-line50.png

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る